スバルのレガシィアウトバックの気になる燃費は?

スバルを牽引してきたレガシィの系譜。ボクサーエンジンと四輪駆動を得意として走行性能の高いセダンとステーションワゴン(ツーリングワゴン)として熟成してきたレガシィですが、比較的マイナーながらツーリングワゴンをベースにしたSUV色の強いモデルが古くから用意されていました。

現在のアウトバックはこの流れを汲んだモデルであり、現在の自動車界隈でのSUVブームに乗って一気に知名度を高める事に成功し一気にスバルを代表するモデルの一台にまで成長しました。5人の大人が乗れるだけの余裕のあるサイズを持ち車高を高める事でSUV色の強い仕様に仕上がっています。

もとよりポテンシャルの高いステーションワゴンだったレガシィも、現代のニーズに合わせ燃費を向上させる努力をすることで四輪駆動と大柄になったボディを持ちながら、街乗り中心の使い方でも実燃費はリッター12km以上を発揮するまでになると言われています。ツーリングワゴン時代の名残で高い走行性能を持つことが高速道路での燃費向上をささえることもあり長距離ドライブなどではより燃費の良さが光る一台です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする