スバルの新型フォレスターの気になる燃費は?

フルモデルチェンジによりボディが大型化し、尚一層悪路走破性と居住性が高くなり激化するSUVカテゴリにおいて常に高い人気を誇っているのがスバルのフォレスターであり、2018年に待望の新型が市場投入されました。

さらに精悍なデザインになったエクステリアと共に注目されているのが燃費の良さについてであり、迫力のあるSUVならではの大きなボディからは想像できてない優れた燃費が実現されています。

スバルがウェブサイトやカタログなどで公表している燃費は2500ccのエンジンのモデルで1リットルあたり14.6キロメートルとなっており、2000ccのe-BOXERという新技術を搭載したモデルでは1リットルあたり18.6キロメートルです。

燃費の計測というのは計測をするための専用の機器を使用して行われているので、購入したユーザーが実際に街中やドライブなどで使用した場合の実燃費とは異なり実燃費の方が低くなりますが、これまでのSUVの常識を覆す程の高燃費である事には変わりありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする