スバルのフォレスターが2018年にフルモデルチェンジ!

2018年にフルモデルチェンジされた新型フォレスターの大きな特徴としては、それまで設定されていたターボエンジンがないということです。

スバルの車といえば軽快な加速が魅力のターボにあると考えているファンも多いだけに、ターボの設定がないのは残念なところですが、そのかわりに車としての完成度は高まっています。

トランスミッションは全グレードでCVTのみとなっており、先代にあった6MTは廃止されています。
車体の大きさも先代と比較をしてわずかながら拡大をされているので、車庫がぎりぎりだという人は注意が必要ですが、大きくなった分だけ安定性や居住性が増すことに繋がってます。

駆動方式は4WDのみとなっていて、本格クロカンに匹敵するほどの悪路走破性を誇っているため、日常使用で困るような場面は少なく、特に雪国のように悪路を走る機会が多い場所で抜群の安定感を誇ってくれるでしょう。

人気のアイサイトも全車種に装備されていて、オプションで悩むことがないのも魅力です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする