スバルBRZとトヨタ86の違いを探せ。

86とBRZは販売している自動車メーカーこそ違えど、トヨタとスバルが共同で開発したまさに兄弟車であり、スバルの磨いてきたボクサーエンジンとその特性を最大限に生かした自動車に仕上げると共にトヨタがスバルの経験のなかったFRスポーツカーの開発をサポートし全体のコンセプトとパッケージングを主導しつつ両者が合議する事で生まれました。

それぞれのチャンネルで販売されているこの2台ですが、若干見た目に違いがあれど基本的を同じに感じるでしょう。

モータージャーナリストなどには、「足回りの味付けの違いがメーカーの目指す形の違いを表している」という意見が多く、86は減少しつつあるFR車が持つリヤを流すコーナリングを挙動を追求する一方で、BRZは固めた足でしっかり四輪でコーナリングしボクサーエンジンによる低重心をいかしたきびきびとした走りを追求した味付けになっています。

双方とも素直な挙動が特徴で車の動きがわかりやすいのこの車だからこそ実現できた事です。

2016年にマイナーチェンジを果たした事でさらに引き出しが増えて、それぞれの特徴がわかりやすくなりました。

これにスバルとトヨタ双方の考え方と味付けの違いを突き詰めた存在として、トヨタは86 GRとスバルはBRZ STIsportとしてこの2台を登場させました。

さらに究極の存在86 GRMNと伸びしろの大きさと、それぞれに細かな違いが有りそれぞれを乗り発見できる違いが面白い車です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする