スバル360の中古車は今でも買える?レストアしているショップは?

スバル360は中古でも相応の価格がいたします

富士重工業、現在のSUBARUが1958年に開発した軽自動車に、スバル360がありました。

1970年までの12年間に、40万台近くが出荷された実績を持っています。

大きな特徴として超軽量構造を採用した点があります。さらに量産型の軽自動車でありながら、大人4人の乗車を可能にし、同時に当時のレベルを超えた走行性能を誇っていたのです。しかも比較的価格も安く、大衆車として消費者には広く受け入れられてきた側面があります。

そんな経緯からマイカーという言葉を生み出し、日本の自動車の歴史に色濃い足跡を残すことに貢献したのです。

そのコンパクトで可愛い姿から、てんとう虫のニックネームで人々に親しまれました。

今では中古市場でしか求めることができません。

スバル360をレストアし中古で販売しているところはあるの?

スバル360はSUBARUが開発し1958年から1970年に販売した軽自動車で、コンパクトで軽快なデザインから「てんとう虫」と呼ばれ多くの人から親しまれました。

そのため現在でも人気があり、レストアされて中古で販売されるのを待っている方がたくさんいます。

レストアとは劣化したり故障したりしている自動車等を修復し、使えるように復活させることです。

スバル360は販売終了から長い年月が経っておりレストアできる部品がある会社は限られていますが、レストアパーツを扱うショップや会社があるので、現在でも中古車として販売されています。

中古車の価格や台数は販売会社によって異なるため様々な会社を見てみると良いのではないでしょうか。

現在でも高い人気を誇るスバル360、気になった方はチェックしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする